ログイン 新規登録
会員登録 | ログイン | 買い物かご | サポートセンター
     
Premium Guitars  
EXPERT OS  
EXPERT FL  
EXPERT EL  
EXPERT MJ  
Masterfield SA  
J-STANDARD  
NST  
NTL  
NLP  
NSG  
NJB  
NPB  
FGN Acoustic  
Pupukea  
当店限定販売品  
楽器のお供に  
Order Option  
Outlet  
Used  
Sold Gallery  
 
 
     
 日曜の昼、午後3時  
 
 
     
    03-3988-6241  
 
 
  メールはこちら
 
 
 
 
 
   FGN Acoustic > Acoustic Guitar > AG1-NTF
 
 
 
AG1-NTF 次の商品
 
 
AG1-NTF

拡大 ( Size : 104 kb )
 
製造元 : FUJIGEN
価格 : 135,000円 (税込)
FGN Acousticシリーズより、シダートップ/マホガニーサイドバック仕様のアコースティックギター、AG1が入荷してきました。柔らかい鳴りをしている印象で、落ち着きのあるサウンドが魅力の1本。重量約2キロ。
数量    残りあと1個
 
 
 
  FGN Acousticシリーズより、シダートップ/マホガニーサイドバック仕様のAG1です。AG(アコースティックギター)モデルは、「エレキのように弾くアコースティック」というコンセプトのもと製作されました。エレキギターから持ち替えたときの違和感が少なくなるよう、様々な工夫がこらされています。

 トップに使用されているシダー材は、クラシックギターのトップ材によく使われる材で、スプルースに比べ柔らかくウォームなトーンが特徴ですね。結局は好みですが、コードストローク中心のに方にはスプルースを、ソロギターなどアルペジオ主体の方にはシダーをお勧めします。木地の色味もシダーは赤みがあり、スプルースは白っぽいので見た目も異なります。

 このアコギの特徴の一つにカッタウェイが挙げられます。カッタウェイとは、ハイポジションの演奏性を高めるためネックの付け根部分をカットした仕様のことをいいます。エレキギターやエレキベースにとっては当たり前の仕様ですが、アコースティックギターにとってはそうでもありません。ハイフレットを多用することが、あまり想定されていないからです。しかし、こちらのモデルは「エレキのように弾くアコースティック」。カッタウェイを施さないわけがありませんね。

次に、ネックのジョイント方法です。こちらのモデルでは、クォーターサークルネックジョイントという弊社独自の方法が採用されています。これは、ネックをボディ内へ沈み込ませるようにして組み込むことで、ヒール部分を大胆にカットしたネックを使用することができるというものです。ちょっとややこしい話ですね。


今回、入荷した個体は約2キロとアコースティックギターらしい重量になっています。実際に弾いてみると、ハイフレットも弾きやすく、ネックの握り心地もエレキに近くコンセプト通りエレキのようなプレイアビリティです。サウンドでは、スプルーストップ/ローズウッドサイド・バック仕様のAG2と比較すると、柔らかくウォームな響きで、甘さを感じるトーンだと思います。自分は弾けませんが、ソロギターなどに本当に良く合いそうです。


老舗エレキギターメーカー“フジゲン”が提案するアコースティックギターです。ぜひお試しください。


 (タロー)


Body

Solid Cedar Top / Solid Mahogany Side & Back

Neck

Mahogany / Maple 5P

Finger Board

Rosewood

Fret

21F Small(CFS)

Peg

GOTOH SE700-M5

Bridge

Rosewood

Strings

D’Addario EXP16

Color

Natural Flat

Case

Original Semi Hard Case